@ la pie.fr

lapiefr.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 11日

すっくと一輪

b0287748_22365796.jpg

━ コクリコは 遊び仲間と 咲く花よ すっくと一輪 胸打つ姿

━ 早朝の 緑の中に 初夏の花



この時期のフランスの田舎はコクリコの花がいっぱい咲きます
道端のひと隅をオレンジに染めていたり
広い草原がわさわさとオレンジの波になったり

こんな風に一輪だけって、とても珍しいのです
_________________________________________________________________________


[PR]

by lapie-fr | 2018-05-11 00:07 | 木・草・花も | Comments(12)
Commented by tamakiti at 2018-05-11 07:06 x
ほうほう、コクリコって言うのね?
可愛い花ですね♪
日本にココリコって漫才コンビいるけど
かんけ~ない・・よね?
Commented by love-t_k at 2018-05-11 08:16
この花コクリコっていう花なんですか
散歩の時に見るんだけど名前が分からなかったんです(^-^;
緑の中の赤?オレンジ?が良いですね(^o^)
Commented by mogyo at 2018-05-11 11:25 x
この けなげで儚そうな花
みたことあるある~~ググったら
ひなげしの仏名でしたのね~~~

丘一面に咲き乱れてる風景
想像しています。

Commented by lapie-fr at 2018-05-11 17:43
< tamakiつぁんへ>
きゃっはは、ココリコっですか
(名前は… 知っているような?)
北海道は咲いてないですか?
日本名はヒナゲシ、
お花屋さんではポピーだったと記憶


Commented by lapie-fr at 2018-05-11 17:45
<けいこさんへ>
日本ではヒナゲシ、
またはポピーって呼ばれてると思います^^
名古屋の友人によると繁殖力が強いそう

Commented by lapie-fr at 2018-05-11 17:48
< mogyoさんへ>
きゃっ、コメ残せないでいてごめんにゃさいっです
ここ、ビスキャロスの道路の中央分離帯とかたくさん咲いてます
可愛くってきれい^^


Commented by Cakeater at 2018-05-13 07:26 x
Coquelicot と言ったら
Mouloudji : Comme un プチ coquelicot.
ですね。
エキサイトってのは英語バカってやつで、それだけで禁止語リストつくってるらしく、まともに「プチ」をフランス語でいれると、禁止語につきコメント受け付けませーんと出る。プチがだめなら、ほとんどフランス語文ははねられちゃいますよね。
Commented by yattokamedagaya at 2018-05-13 15:35
へぇ、コクリコってひなげしやポピーのフランス名なんだ。
でもひなげしもあまり言わんわねぇ、今では。
「♪おっかのうえ ひっなげしのはっなが〜」っていう歌を
昔中国人が歌っていたけど(笑)。
ポピーのオレンジのじゅうたんは結構見ますね。
一輪は確かに珍しいですね。
Commented by lapie-fr at 2018-05-13 16:42
< Cakeaterさんへ>
ほんとですね、困ったもんですが。。
ほとんど日本語生活で^^
(ブログもフラ語だけだし、まっ、いいか、状態)

ニースより、田舎のビスキャロス。
ランド県にあるのですが、
感覚が日本人(昔の?)と非常に似てる気がしてます^^
気にしないの、シアワセならば何にも^^



Commented by lapie-fr at 2018-05-13 16:46
<やっとかめっさんへ>
おお、アグネス・チャンですよね
中国人… 台湾人?
っで、ネット検索したらイギリス人
まっ、香港人?
中国って広いですよね
チベットも、今は中国… 。
チベットの人を中国人って呼ぶのはつらいものが、wnwn
Commented by drop0516-edge at 2018-05-20 15:04
雛罌粟

なんて難しい漢字、書けません。
こっちではポピー、大阪の万博公園は今頃見頃やなぁ。
これより気になったんは、コクリコの右側にのひっつき虫みたいなん。
あれは…コクリコのその後?
Commented by lapie-fr at 2018-06-08 05:25
<ジェシカさんへ>
ヒッナゲシの~は~ながさく~♪
唄えちゃいますね^^
えっと、あのひっつき虫みたいなのはポピーの蕾
その後の逆ですなあ^^




<< ゴロと海へ      大きくなったアヒルたち >>