@ la pie.fr

lapiefr.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 15日

曇り空 ( Ciel nuageux ) …… 。

b0287748_465687.jpg


━ 発つ友よ 曇り空より 不安げな 気持ち捨てゆけ 決めたのだから

━ 春の曇 寂しさ隠す 君哀し




_______________________________________________________________________

[PR]

by lapie-fr | 2015-04-15 04:12 | 景色・空・海・船 | Comments(14)
Commented by magggie0829 at 2015-04-15 04:50
決めた事でも少し不安を抱えたまま
その中での日々の重なりが安定につながる

わたし、何か気に触る事したかなぁ、、、
と反応の変化を感じると思います。
Commented by 兄ー兄ー at 2015-04-15 06:50 x
良い写真です。
木々も空も海も泣き出しそうな写真ですが、
風もなく、旅だつ人をいたわるような情景が
浮かびます。

不安は慎重さをよび、自信は時に横柄さよぶ、

magggie0829さんに感銘です。

不安は自信への調味料、味のある自信家になりたいです。
by22

Commented by tamakiti at 2015-04-15 07:46 x
春は出会いの季節
そしてわかれの季節ですね
旅立つ友を送る短歌胸に響くわ♪

椰子の木?に
ペーターとハイジが登りませんように。
Commented by f15eagle_coco at 2015-04-15 08:10
旅立ちの不安を、素直に見せてくれているお友達…
その背中を、
らぴたんの暖かい手が そっと押すような
素敵な句だね。

どんなに離れていても
互いを思いあうこころには翼がある。
Bon voyage! 
Commented by aboo-kai at 2015-04-15 09:23 x
・ニースの海こんな日もある春曇り
Commented by monet14 at 2015-04-15 13:27
見た瞬間、ゴーギャンの絵を思い出したのは、
わたしだけですか?
Commented by lapie-fr at 2015-04-15 15:56
<まぎさんへ>
さらっと捨ててゆくのを覚えちゃうといい^^
心がざわつくと辛いに周りも迷惑
するりっと抜けて、シンプルに暮らす(を、目指してるよ♡)
Commented by lapie-fr at 2015-04-15 16:01
<兄ー兄ーさんへ>
素敵なホロー、感謝~^^
味のある自信家を目指そう~
(お笑い成分配合の、コレ ヒジョウニ タイセツニ )

今年も4月になっちゃたけれど、今年の目標にしよっ♡
Commented by lapie-fr at 2015-04-15 16:07
<tamaki-つぁんへ>
きゃは、きゃは、きゃはっ
22さんもプレッシャーを感じるようになったり?
(この写真を撮った部屋の住人が旅立ちました。
 仮装マラソンでマリリンモンロー。来年はチト淋し)
Commented by lapie-fr at 2015-04-15 16:10
< aboo-san へ>
あっ、春曇り
最初使って、悩んで春の雲にしたのだす~
もうすぐ初夏、季語、愉しみ~^^

Commented by lapie-fr at 2015-04-15 16:13
<モネさんへ>
ええ~っ、あの太っとい女の人は~
あっ、確かにっ!
樹木の昏さはゴーギャンぽいかも^^
Commented by mickimchi at 2015-04-15 16:49
曇りのニースもいいなぁ。
こっちはすんごい風の一日。
ぼんやり歩いてたら電話会社の立て看板が飛んできてぶつかった。
でも頑丈だから怪我しなかったです。
らぴさんの写真の海岸の椅子に座ってぼんやりしたいなぁ。
新天地に向かうお友達を見送るらぴさん、ちょっと寂しいかな。

Commented by lapie-fr at 2015-04-16 04:21
< coco-ton へ>
きゃいん、レス落とし~しちゃったよお~ゴメンにゃんにゃん
褒めてくれてるのに( エア顔文字~)
ほんとね
離れていても、元気でねえって思ってれば^^
再度、順番、遅くなってごめんね(。。

Commented by lapie-fr at 2015-04-16 04:26
< mickim-chama へ>
ええっ?
看板が飛んできたの?
でも、まっ、怪我なくって良かったニャン(ワン)

この写真であの椅子の全貌が分かってもらえちゃったよね
まっ、ほんと百聞は一見にしかずっですが^^


<< ぼおっと、眺める ( Rega...      昼下がりのロゼ ( Le pe... >>