2014年 09月 03日

夏の終わり ( Fin d'ete ) …… 。

b0287748_346060.jpg


━ 夏終わり ノウゼン葛 朱の色が 心ざわめく 己にも見ゆ

━ 昼下がり フランス窓に 残る夏




_______________________________________________________________________

[PR]

by lapie-fr | 2014-09-03 03:52 | ニース 季節模様 | Comments(15)
Commented by 太郎 at 2014-09-03 06:02 x
ノウゼンカズラ・・・色が濃いですね!
日本は色がもう少し薄いような。
よろい戸に映った葉っぱがいいですねえ・・・・
えっ? 狙った!・・・・・恐れ入りました。
Commented by 兄-兄ー at 2014-09-03 06:20 x

お~ぉ ハイセンスウインドウですね~、雨戸も鉄格子も
とてもステキです。
でも網戸が無いのが気になります。蚊は居ないのでしょうか?
そりとも窓を開けっ放しにする習慣はないのでしょうかネ?

今、日本では網戸屋さんが大繁盛です。デング熱の
お蔭でネ、(笑)
夫の要らぬ一言もデングウイルスには効く一言!。

    ↑ 効くと菊が掛かってますよ~、ちゃんと笑いましたか?
Commented by tamakiti at 2014-09-03 09:04 x
だは~
おフランスだわ~ニースだわ~おしゃれだわ~♪
この窓から猫がこっち見てたら最高。
Commented by f15eagle_coco at 2014-09-03 11:15
おお!こんなに濃い色のノウゼンカズラ!
まるで別の花のよう。
白い窓に映える朱の赤、濃い緑を照らす光…夏が終わるねぇ。

網戸は便利だけど「見た目」が、ね~~(;^ω^)でも必須!
そちらは湿度が低いから蚊が出ないのかなぁ。
(蛾やカナブン先輩も居ないの?)

あ。
ということは、そちらの猫さんは外へ行くのも普通なのかな。
Commented by lapie-fr at 2014-09-03 17:26
<太郎さんへ>
日当たりがいいようで、この花、特別、色が濃いようです。
窓も、まさにフランス窓~ で、しょっ?

太郎さんの影響で、窓のショットが増えてます(笑)。
Commented by lapie-fr at 2014-09-03 17:32
<兄ー兄ーさんへ>
蚊も蠅もいるんです。
なのに、網戸がナッシング~ゥ。
欲しいけれど、こっちの人って ? で、対応しない。
窓の構造も、明らかに網戸を拒否してます。
……。

キャハっだすなあ~、金鳥はスゴイでし~ぃ(笑ったヨン、笑)。
Commented by lapie-fr at 2014-09-03 17:37
<tamaki-つぁんへ>
ご近所には、徘徊ちうの猫さん、いないだす。
窓って、レースのカーテンが閉まっちゃってるし…。
山の頂上あたりの古い街は、猫さんだらけなんですけどね。
ふむっ、ちっと、さがしてみましょっ。
Commented by lapie-fr at 2014-09-03 17:43
<coco-ton へ>
居ますですです、各種虫さん(蠅や蚊も)。
網戸と云う発想が皆無のようで……。

ノウゼンカズラ、この花が特殊(日本と同じ色のが多い)。
白のが、風情ありなのですよ。
でも、数年前で……どこで見たのか……失念。
残念でアリンス。
(あっ、本ときの絵皿はリラの花。これの実物も、いいのよねえ)
Commented by lapie-fr at 2014-09-03 17:47
<coco-ton へ②>
クリックした瞬間に思い出しちゃった。
宝塚の歌で有名な「スミレの花咲く頃」って歌。
本歌のシャンソンは、リラの花なんです。
フラ語勉強で知って、へえ~っでした。
Commented by loll at 2014-09-03 23:03 x
夏の終りからの連想・・・
森山直太郎、瀬戸内寂聴あたりかな。
フランス窓はおしゃれですね。
中から両手で開けてみたい妄想。トシガイモナク^^
>昼下がり フランス窓に 残る夏
うん、好き!拍手。
Commented by らぴ at 2014-09-04 04:22 x
<loll さんへ>
フランス窓、アタクシも大好き。
硝子の戸は手前へ、よろい戸は外側へ向かって開ける…。
そのよろい戸を留める金具がね、いいのアリ~なのです。
見付けたら写真に…… 見て頂きたいです。

(やっと、都々逸ができて、そちらへ伺います。うふふ~)
Commented by モネ at 2014-09-04 09:56 x
どきっとする写真でした。
さすがにたくさんのみなさんが、コメントを寄せておられますね。
ノウゼン葛の朱の色に、私もこころのざわめきを覚えました。

歌は、あぼうかいさんの影響ですか。
たのしいページをたくさん教えていただき感謝です。

リラの絵皿も、見入りました。
Commented by らぴ at 2014-09-04 12:28 x
<モネさんへ>
短歌は、このブログを見た友人が強力に詠えと。
で、訳も分からず…。
句は、以前から好きで(小学生の時から、中弛みありですが)。

そして、あぼうかいさんちのブログ発見!
うれしかったですよ。
今は、俳句コメント道場みたいな感じで通わせてもらってます。
Commented by mickimchi at 2014-09-04 15:55
こんな窓のあるおうちに住みたいな。
海が見えたらなおいいな。
うちの窓から見えるのは、いつか脱出したい東京のどんよりした空。
あらら、網戸掃除しなきゃ汚れてる。

でも、どんなとこ住んでもその人の心の中が充実してなきゃ、楽しくはないですよね。
東京は秋が物悲しい感じで好きです。
なんとなく、コメントがブルーですね、我ながら。
夕飯食べ行く焼肉屋さんの事でも考えて元気出そ〜っと!
Commented by らぴ at 2014-09-04 17:03 x
<michim-san へ>
ワラヒも住みたいだす~
この家はスペシャル。
石造り、プラス窓多し。

世田谷公園の近くに、原っぱ付きの広場みたいな空間があったんですよ(十数年前ね)。
そこでも、今頃の季節は「赤とんぼ」と秋のすきっとした空。
ベンチには犬の散歩仲間たちが集まっててなごやかでした。

うふふっ、ウチの外食予定は明日。
お決まりのイタ飯屋・ビラ・デスト(クレーム・キャラメルだヨン)。


<< ゴロと私の晩夏 ( Fin d...      私の宝物 ( Un petit... >>